葉酸サプリを使うとどんな効果が得られるの?葉酸と妊娠の関係性とは

妊活中や妊娠中に役立つとプレママの間で定番になりつつある葉酸サプリ。

しかし、なぜ葉酸サプリがこれだけ必要とされているのか気になりますよね。

ここではそんな葉酸サプリの効果についてお伝えしていきます。

そもそも葉酸って?妊娠とはなにか関わりがあるの?

ではまず、葉酸とは一体どんなものなのか見てみましょう。

葉酸のことを知っていくうちに、なぜ妊活や妊娠に葉酸が必要と言われているのか、その理由がきっと分かってくるはずですよ。

葉酸はビタミンB群の一種

葉酸はビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンの一種です。

また、葉酸は造血ビタミンとも呼ばれ、ビタミンB12と一緒に血液を増やすための赤血球を支えています。

植物の葉などに多く含まれる葉酸には光や熱に弱いという特徴があり、食品から摂取しても思うように体へ吸収されないことがデメリットとしてよく挙げられています。

葉酸が不足している時の状態

体内の葉酸が不足してしまうと、巨赤芽球性貧血という貧血を引き起こしやすくなってしまいます。

さらにそれだけでなく、葉酸が足りない状態が続くと血液の中に含まれるホモシスチンが増加し、動脈硬化のリスクも高まってしまうのです。

このような葉酸が不足した状態は、赤ちゃんへも悪影響を与えます。

ママの体から葉酸が減ると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害や無脳症などの先天性障害をわずらいやすくなってしまうのです。

産まれてきた赤ちゃんが先天性障害を持っていると、赤ちゃんの命まで危うくなり、不安でたまらない気持ちになってしまいますよね。

そうしたことを防ぐためにも葉酸は必要ということです。

妊娠には葉酸が欠かせないと言われる理由

葉酸は赤血球の生産を促進し、血液を増やしていくために欠かせない成分です。

そこでなぜ妊娠中に葉酸が必要なのかというと、妊娠している間は特にママの体から葉酸が不足してしまいやすくなるからです。

葉酸が不足していると先ほどもご説明した通り、赤ちゃんとママさんへ悪影響を及ぼしてしまいかねません。

また、葉酸は赤ちゃんが大きく成長するためのサポートをしてくれたり、赤ちゃんの体を形成していく上で重要な働きをします。

そのため葉酸が妊娠には欠かせない成分だと言われているのです。

厚生労働省が定める1日に必要な葉酸の摂取量

厚生労働省では、18歳以上の女性が摂取する必要のある葉酸は240㎍と定めています。

しかし妊娠を計画している方や妊娠中の方であれば、これよりさらに多い480㎍の葉酸を食事から摂取していかなければなりません。

また、葉酸サプリからは400㎍の葉酸摂取が推奨されています。

ですから妊娠前から妊娠中は食事で480㎍、サプリメントから400㎍の葉酸を摂取すると良いでしょう。

妊娠していなくても妊娠した後でも、女性には葉酸の摂取が必要というわけですね。

葉酸サプリで得られる効果は?サプリを使う必要があるのはなぜ?

ここからは葉酸サプリの気になる効果についてご説明していきます。

葉酸サプリにはどんな効果があるのか知りたいと考えていた方もぜひご覧ください。

赤ちゃんが先天性障害を持って産まれてしまうリスクを低減できる

葉酸サプリを使うと、お腹の赤ちゃんが先天性障害を持って産まれてきてしまうリスクを低減することができます。

なぜなら葉酸には、赤ちゃんの細胞分裂やDNAの合成を正常にする働きがあるからです。

しかしそのためには葉酸サプリを妊娠する前から飲んでおかなければいけません。

どうしてかというと、妊娠3週目からだんだんと赤ちゃんの神経が作り始められるからです。

妊娠前から葉酸サプリを使用することで、赤ちゃんの成長を安心して見守っていくことができますよ。

妊娠中のつわりや貧血を軽減!妊娠期間を安全に過ごせる葉酸サプリ

葉酸サプリには、つわりや貧血に効果を発揮する葉酸や鉄分などが配合されています。

そのため妊娠中のつわりや貧血の症状が抑えられる効果が期待できますよ。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を送り届けるため、ただでも体内の栄養が不足してしまいやすくなります。

それが原因でつわりや貧血の症状がひどくなってしまう場合もあるので、栄養素をきちんと摂取して補っていかなければいけません。

そこで葉酸サプリを活用すると、妊娠して不足した分の栄養素を豊富に摂取していくことができますよ。

産後に使用すると母乳が出やすくなる効果も

産後は赤ちゃんへ栄養を送るために、たくさんの母乳が必要となります。

そうした時に葉酸サプリを使っていれば、効率良く母乳を与えていくことができますよ。

それは造血ビタミンと呼ばれる葉酸が、母乳の原料となっている血液を増やしてくれるからです。

また、その他にも葉酸サプリには産後うつを軽減してくれる効果もありますよ。

出産に育児にと、体や精神が疲れてしまったママさんを葉酸サプリがサポートしてくれることでしょう。

葉酸サプリを使用する時の注意点

これまでご説明したように、葉酸サプリには女性に嬉しいたくさんの効果があります。

しかし、葉酸サプリは良い点ばかりというわけではありません。

そこで葉酸サプリを使用する時の注意点についてこれからお伝えしていきますね。

葉酸の過剰摂取に注意!上限は1日1000㎍まで

葉酸サプリを使う時に注意してほしいのが、葉酸の過剰摂取です。

葉酸を必要以上に摂取してしまうと、副作用が起きるリスクが生じてしまうからです。

妊娠前や妊娠中にもしも体調不良を起こしてしまったら、赤ちゃんや自分の体へ悪い影響がないか心配になってしまいませんか?

そのため葉酸の摂取量は、厚生労働省で定められている上限の1000㎍を超えてしまわないように気を付けましょう。

また、葉酸サプリを決められた粒数以上摂取するのも危険なので、1日の粒数をきちんと守って使用していく必要があります。

まとめ

葉酸サプリは妊娠中だけでなく、妊活中や産後にも良い効果をもたらしてくれることが分かりましたね。

そう考えると、たくさんのプレママが葉酸サプリを使っていることにも納得ができます。

みなさんも妊娠で不安を抱えてしまったら、ぜひ葉酸サプリを活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です